FC2ブログ

田舎SOHOの日々

田舎でのSOHO生活の日々の覚え書き。 気兼ねなく、突っ込んでやってください。(^o^)丿
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
田舎の運動会
天気は良くなかったが、子どもらの楽しそうな笑顔一杯の良い運動会であった。
小中合同でも児童生徒数70人足らずの小さな運動会。

数が少ないせいで、出来ない競技もあるが、それを補って余りある運動会。

徒競走は選手全員の名前を放送。
大玉をひとりで転がす。
1年生から6年生までが同じチームで走る対抗リレー。
小中合同の応援合戦・・・9歳の差がある子どもらが一緒に演じている。
何より、大半は知っている子なので応援にも力が入る。

観戦側は場所取りの必要も無し、写真やビデオの撮影位置でのイザコザも無い。
都会の運動会とのギャップは大きいなぁ。

棒倒しとか、騎馬戦とか大人数での荒っぽいのが無いのはちょっと寂しいが、
今時、危ない競技はやらないと言う話も聞くが、どうなんだろう?



子どもを盗撮しようとした元教師(犯罪者)が逮捕された。
保護者が着けるはずの「リボン」を着けていなかったので通報されたとか。
そうか。 今時は防犯のためにそういうシステムがあるわけね。
と言う事は、事前に申請してリボンをもらわないと観覧できないのか?
当日の自己申告じゃ無理だよね。きっと。
去年の卒業生とかは入れない?(卒業した学校の運動会なんてわざわざ行かないか?)

まあ、この事件をみる限り、有効なシステムである事が立証された訳だ。

「地域に開かれた学校」ってフレーズ、都会ではどう考えても無理だよな。






スポンサーサイト
Murray
オークションでゲットした。
これだけだと、ボブ・マーレーのCDか何か? と思う人が大半だろう。

モノは、アメリカ製の芝刈り機。
よく、アメリカ映画やドラマで、学生がバイトで押してるヤツね。
こんなタイプ

で、うちの庭は芝生ではない。
年中ほったらかしの自然の草原。荒れ放題の雑草だらけとも言う。(^◇^;)
放っておくと、1mくらいのジャングルになるので、
思い出したように電動のナイロンコード刈払い機で刈っていた。

昨年、隣接する家の庭が荒れ放題から芝貼りになり、その丹念な養生を見るにつけ、
こちらの草が伸びてくると、早く草刈しなければという強迫観念にかられ続けていた。

今まで通りのやり方でも良いのだが、最近腰痛があるので出来ればさっと終わらせたい。
で、いろいろ探してみたが、新品はとても買えそうに無い。
ならばオークションでと、探し回った挙句辿り着いたのがアメリカ製の中古。

何より国産の中古よりも安い。
芝刈り機ではあるが、背の高い草刈にも使えるらしい。
日本に代理店は無いようだから、店頭販売もしてないと思う。だから中古は安いのかも。
出品者は定期的にこのタイプを出品しているので、
駐留米軍(家庭)からの払い下げルートを持っているのかもしれない。

上手く落札できれば送料を考えても、エンジン式刈払い機と値段は変わらない。
ダメモトでゲット。


届いたのはかなり頑丈そうで、シンプルなヤツ。刈り刃もかなりごつい。
見た目もいかにもアメリカ製のデカさ。GMとホンダくらいの差と言えばイメージしやすい。
これだけ「ごつい」と狭い庭の多い日本では売れんだろう。
仕上がりも近くで見れば雑なんじゃないだろうか?

しかし、家の凸凹の庭にはぴったりだった。
そもそも芝じゃないからある程度刈れれば文句無い。
多少の小石なんかへっちゃら。
かなり伸びた草が多かったので時間はかかったが、見違えるようにさっぱりした。
次からはもっと簡単に刈れるだろう。 結構気持ちいいもんだ。

稲刈りみたい (^◇^;)

なかなか良い買い物であった。\(^o^)/



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。