FC2ブログ

田舎SOHOの日々

田舎でのSOHO生活の日々の覚え書き。 気兼ねなく、突っ込んでやってください。(^o^)丿
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
手足のように使われる
言葉にするとあんまり、いい響きではないな。

田舎でSOHOというと、時々羨ましがられる事もある。
なんだかクリエイティブな感じ?
もしくはアウトドアっぽい感じ?
が、するのかもしれない。


実際、そんな人も多いが、私の場合は、そんなイメージとはほど遠く、
「時間に追われてヒイヒイ言ってる。」ってのが正しい。
ワンコの散歩以外、外に出ない日も多いし、
それさえなくて一日家の中で座ってる事も多い。
通勤が無いので運動不足そのもの。メタボ検診も怖くていけない。(^◇^;)


まあ、田舎SOHOといいつつも、たまたま田舎で在宅の請負仕事をこなしているだけ。
仕事をしている場所を別にすれば、同じような状況の人は多いに違いない。
自営で個人設計事務所をやってる人だって似たような状況だろう。


金曜の午後からの24時間、ほとんど、自宅待機状態で仕事していた。
ある程度で来たら仮提出。チェックバックが来るまで仮眠したり、風呂入ったり。
直しの指示が来たらすぐ作業。
さすがに夜はチェックバックは無いが、朝すぐ見てもらうために深夜まで作業。(泣)
3時くらいまでやってたけど、後半はモウロウとしているのであまり進まない。

下の子がクラブの朝練で6時過ぎには起こされ、朝食後、復帰。
10時頃には先方から作業状況の確認のTELが入り、このあとはチェックバックの嵐。
15:00頃最終提出して一息つくまで、文字通り「手足のように使われた」のだ。
まあ、これこそが私の典型的な仕事のスタイルなので、文句をいう気はサラサラ無い。
どちらかというと、ありがたいくらいだ。
だって、目の前にいる訳じゃないから向こうだってイライラする部分があるに違いない。
それでも使ってくれるのだから、私にとっては大切なクライアント様だ。

出来れば、特急料金とか深夜料金・休日手当とかがあれば良いんだけれど・・・
まあ、深夜電力は昼間より安い訳だし。


いつもいつも、こんなハードな環境でやっているわけではないですから。念のため。
大体、4・5日間の中で上記の工程をこなしている感じかな。でないと、体が持ちません。
時々、ぎゅっと凝縮される事があるんですね。
ま、でも、それが私のマイペース。
どんどん、手足のように使ってください。m(_ _)m









スポンサーサイト
飛躍の時
自分の人生を振り返って・・・全く思い浮かばない。(^◇^;)
喜怒哀楽はそれなりにあったが、飛躍の時ってあったっけ???


先日、下の子のクラブの試合を観にいった。
この日は少しそんな瞬間をチラッと垣間見たような気がする。
(自分の子だけじゃなくて、よその子も)

スポーツは、勝敗がはっきりしているのでとてもわかりやすい。
本人たちより、傍で見ている方が尚更。
と言う訳で、教師という仕事って良いな~と、ちょっと思った。
(なりたかったわけではないが。)


仕事はますます忙しい・・・が、どんどん時給(換算)が下がっている。
自転車操業そのものだ。(ーー;)
大丈夫かなぁ・・・
ステップアップしたいなぁ・・・



カンヅメ
連休が終わった。
世間では3連休。 天気も良かった。
北海道では山のほうから紅葉も始まってる。
文字通り「行楽日和」だった。 この連休に出かけなくてどうするってくらいの。

なのに、仕事で缶詰だった。(T_T)
外に出たのは、ワンコの散歩が数回だけ。

下の子が3日ともクラブの練習試合があったので、遠出ができる訳ではなかったが、
それでも、窓の外の青い空が恨めしかった。


おまけに、最終日はほぼ徹夜。寝たのは浴槽で1時間程度。
提出は締め切りぎりぎり・・・というか、数分遅れた。(ーー;)
ええ、もちろん、スケジュール管理できなかった自分が悪いんですけどね。

終わらない仕事は無い! とは言うものの、今回はきつかった。
おまけに、このあとの行程もキツイ。大丈夫かなぁ・・・
しかも、3連休のおかげで今日は火曜日。
週末の締め切りが近いのだ。



「缶詰」って、なんだか、人気漫画家とか作家みたいだな。
自主的に自宅でってのが情けない。

ホテルに缶詰だと、ルームサービスとかとり放題なんだろうか?
ま、そんな状況を楽しめる余裕は無いでしょうが・・・。




キャッチホン
先日、仕事の話中にキャッチホンの音が聞こえてきた。
仕事でお世話になっている相手にキャッチホンだからちょっと待っててとか、
話途中で切り上げるって訳には行かない。
FAXかもしれないし。

話中の電話が終わってしまう(要は電話が切れる)と、キャッチホンの相手のほうも同時に切れてしまう。
これが標準仕様なのか、それともうちの回線特有なのか、接続方法のせいなのか・・・
いずれにしてもちょっと不便。
ナンバーディスプレイにすれば良いんだろうけれど、NTTに毎月いくらか払うのもなんだかね。
携帯なら履歴が残るのに、NTTせこいぞ!

まあ、そもそもこんな事は滅多に無いし。

幸い、このときは話も終わりだったので、切れる直前に切り替えることが出来た。
新たな電話も仕事のクライアントからだった。
良かった~と思って話をしていたら、またもやキャッチホンの音。
こちらもなんとか、終了寸前に切り替えることが出来た。
またしても他のクライアントだった。(^◇^;)

ひとつの電話に出て、そのまま3人のクライアントと話をすることが出来た。

なんだか、すごく忙しいビジネスマンみたいだ。
でも、こんな事は二度と無いだろう。


すべて、新規依頼の電話なら嬉しいんだけど、そう上手くはいかない。
修正だったり、変更だったり、確認だったり。
いずれにせよ、電話を受けた後は忙しくなるのは間違いないのだけれど・・・。


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。